髪の毛は大きくわけて2つのメカニズムで抜けていくと考えられています。

 

1つは、自然な抜け毛で、
誰しも日に50~100本の毛が抜けているヘアサイクルに合ったものです。

ヘアサイクルは、
男性で3~5年間、女性は4~6年間で一巡すると言われていますよね。

 

もう一方は、
何かしらの原因によって毛の成長が止まり
まだ成長期にあるのに抜けてしまうものです。

 

抜け毛のサイクル

 

 

毛の根っこである毛根部分には
毛乳頭と呼ばれる部分が先端についており、血管と繋がっています。

 

そこから毛母細胞などが繋がっていて
血液循環によって毛の成長が促されています。

 

この血液循環が何かの影響で悪くなったり、
毛が成長して出て行く出口である毛穴に皮脂などがつまっていて
せっかく成長して出て行きたい毛が塞がれてしまう、
などの理由から抜け毛となってしまうのです。

 

抜け毛の原因として
食生活の乱れや不規則な生活、ストレスなどが挙げられるのには、
血液循環や皮脂などが関係しているためなのです。

 

よく健康法として血液をサラサラに、血液の循環をよくしましょう。

などと言われていますが、ピンときていない人もいるでしょう。
なんとなく、血液がきちんと流れていることはいいことなのだろう。

くらいに思っていた方でも「髪の毛に直接関係している。」

とわかれば、その大切さがもっとよくわかるりますよね。

 

自然な抜け毛なのか?何かトラブルで抜けているのか?
を見分ける方法として

 

抜けた毛の毛根を見るように言われますが、
成長が突然止まってしまった毛の毛根は
簡単に抜けてしまうほどに痩せてしまっていることが多いです。

 

また、遺伝なんかも関係してきますね。

ですが、遺伝だから仕方がない。とあきらめてしまうか。
しっかりと対策をするかでは、その後に大きな開きが出てきます。

 

遺伝の抜け毛

 

抜け毛の原因は、特定の一つでなく、
様々なことが絡み合っていることも多いです。

 

抜け毛が目立つな。と感じたらまず毛根をチェックし、
その対策を考えていきましょう。

 

 

 

 

 

抜け毛の先は薄毛!?

 

女性の薄毛

 

抜け毛の先にいるのが薄毛のように考えがちですが、

実はそうとも限りません。

 

確かに抜け毛が進行していくことで
薄毛になることはありますが、
毛の成長が悪くなって毛が細くなってしまう薄毛もあるのです。

 

また、薄毛と聞くと地肌がうっすらと見えてきている
いわゆるハゲを想像しがちですが、

抜け毛がある特定の箇所だけの場合「円形脱毛症」などと呼ばれ
それが髪の比較的多い場所にできると
外からは見えづらく、気付きにくいケースもあります。

それも広い意味では薄毛の範囲に入ります。

 

薄毛に悩む人はまず、

抜け毛が原因なのか?

髪そのものが細くなってしまっているのか?

を見極めなければなりません。

 

薄くなっていくと抜けているのだと考えがちですが、
別の可能性もあることを知り、
専門科にチェックしてもらってから対策を講じることをオススメします。

 

いずれにせよ、抜け毛が進行すれば薄毛にはなっていきますが。

 

薄毛の原因は、抜け毛の原因にもつながっていくので、
ネットなどでの検索では「抜け毛 原因」でも「薄毛 原因」でも

内容としてはほぼ変わらないものが出てくるはずです。

言葉尻にあまり囚われずに調べても問題ありません。

 

そのときに自分が気になっているほうのキーワードで調べてみましょう。

 

抜け毛が多く、薄毛になるのでは?と心配な場合は
まず抜け毛について調べて原因を先に探っておく方が
早く対処できるかもしれません。

 

専門科に見てもらうときなどには「薄毛」で検索してみたほうが
色々と引っかかりやすくなるようです。

 

自分ひとりで解決するよりも
適切な対処法や治療を受けられたほうが早く回復するはずですよ。

 

かなり心配な場合は、自己判断せずに
女性専門の薄毛治療のクリニックに相談に行くことをオススメします。

ネットで検索していてもいい加減な情報もたくさんありますからね。

いいかげんな情報に振り回されている時間がもったいないです。

 

カウンセリング