女性型脱毛症についてご紹介した中でも触れましたが、
過度のダイエットは抜け毛の要因となりえます。

 

過度なダイエット

 

髪の毛というのは身体の中でも末端にあり、
生きていく上で必要な部位ランキングではかなり下位にいるため
栄養が足りなくなると早い段階で
栄養や成長するためのエネルギーの供給をストップされたり、
その量を減らされてしまいます。

 

全てのダイエットが抜け毛の要因になるわけではありません。

 

ある特定の食べ物だけを食べ続けるダイエットや
ほとんど食べずに過ごすダイエットは、
きちんとした指導の下や
最低限のエネルギーの補給を確保した上で行わなければ
危険であることは今は常識として知られています。

 

こうした過度なダイエット法を行うと抜け毛も促進され、
つらいダイエットをしてまで憧れていた
きれいな姿から遠ざかってしまう可能性があります。

 

 

栄養不足

 

 

髪の毛にも栄養や睡眠が大切なのは、
こうした生活や食事のバランスが崩れたときに
抜け毛が増えることからもよくわかります。

 

栄養バランスを考えたダイエットや
運動量を増やすダイエットなど、
健康的に痩せるための方法を取れば抜け毛が増える心配もありません。

 

何事もやりすぎは禁物ということです。

 

せっかくダイエットをして理想の体型をゲットするなら
髪の毛もきれいな健康な状態を目指したいですよね。

 

ダイエットが髪の毛にも影響してくるのだ。
ということを頭の片隅でいいので留めておくと
過度なダイエットの歯止めになるかもしれません。

 

 

 

かつらではありません。ウィッグです。

ウィッグ

女性型脱毛症というものがある。ということが
少しずつ世の中に浸透してきて、
そのための治療を受けることができる医療機関も増えてきています。

 

女性も薄毛に悩むのだ、ということが理解されてきているので、
堂々と治療に通ったり相談しにいく敷居も
以前よりはかなり低くなっています。

 

こうした世の中の風潮も
悩める女性にとっては大きな味方といえますね。

 

以前はこっそりかつらをつけて外出していたけれど、
ずれていないか気になって引きこもりがちになってしまった、
という話も聞こえてきていましたが、
ウィッグという名前も広く知られるようになって
今ではおしゃれとしてかつら=ウィッグを利用するようにもなってきています。

 

テレビを見ていても一日のうちで何度も女性用のウィッグの宣伝を見かけます。

 

デパートの特設コーナーでウィッグの催し物をやっていることもあるほど、
薄毛を隠すものという暗いイメージではなく
おしゃれとしての明るい印象へと変わってきています。

 

それもウィッグがただ薄毛を隠すだけのものではなく
装いやその人の雰囲気に合わせたものを着用するものとして
開発や宣伝が行われたためで、薄毛に悩む女性の味方はどんどんと増えています。

 

外科的治療法と言われている植毛に関しても男性だけでなく
女性が利用している姿がテレビでも明るく語られ、そうした治療に行くのも
昔ほど恥ずかしいこととして捉えずに済むようになっています。

 

それでも気になってしまうのは
女性にとっての髪が大切な証拠でもあります。

 

世の中の風潮という味方が増えているのだ。
ということにだけでもまずは気付いてみて、一歩を踏み出してみよう。
という気持ちの後押しになればよいですね。