洗髪時の抜け毛

 

洗髪=シャンプーをしているときに
手にこれまで以上に髪の毛がついていたことで
抜け毛に気がついたという人も多いのではないでしょうか?

 

一日の中でも髪の毛の中にまで指を入れて
ゴシゴシと洗う洗髪のときには毛も抜けやすく、
指にからまる毛の量で抜け毛具合もチェックできます。

 

シャンプーしているときに毛が指についてくるからといって
抜け毛が相当量あるとは限りません。

 

自然な抜け毛である場合も多いのでその量が増えた、
目立つようになったなどから判断していきましょう。

 

シャンプーに含まれる合成界面活性剤などの影響によって
抜け毛が促進されるなど様々な説がありますが、
何がどう影響しているのかはまだはっきりとはわかっていません。

 

唯一はっきりしているのは
シャンプーの洗い残しが毛穴にたまることで汚れが沈着し、
健康な髪が生えにくくなっていくということ。

 

また、洗いすぎることによって
必要な皮脂までを奪っていってしまうということです。

 

シャンプーを使って洗ったときにはよく洗い流すこと、
そして日に何度も何度もシャンプーで洗うようなことはせず、
シャンプーを使って洗うのは日にせいぜい2回までにしたほうがよい。
というこの2つをまずは守れば
シャンプーによる抜け毛を予防することができます。

 

もし、シャンプーにもこだわっていきたいと思っているなら、
天然由来の成分を使っているものを選びましょう。

 

アミノ酸系が一番低刺激でマイルドですから、アミノ酸シャンプーがいいですね。

 

ただ、欠点は価格が高くなってしまうこと。

 

毎日使うものですから、値段が高いのはちょっときついですが、
そのようなことも言っていられない状況では仕方がありません。

 

あと、最大の注意事項は、【成分】をしっかり確認して購入してください。

 

特に「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸カリウム」
などが含まれていないものを選ぶと
頭皮にも髪の毛にも優しいシャンプーとして安心して使用できると思います。

 

成分がなんだかよくわからなくなってきた場合は、
とにかく「ラウリル」「硫酸」がつく成分を避ければ、
かなりの確率で髪や頭皮に良くないシャンプーを避けることができます。

 

洗浄成分は、シャンプー選びで大事な成分ですが、
特に、抜け毛や薄毛が気になっている場合は、
上記のものが入っていないシャンプーを選ぶことが超大事です。

 

洗浄成分には、
「高級アルコール系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3つの成分があります。

 

スーパーなどで安く売っているシャンプーに入っているのが「高級アルコール系」。

 

「高級」なんて付いていると、なんだか良さそうですが
先ほど挙げた刺激の強い成分が入っているものがほとんどです。

 

洗浄力が強いぶんだけ、頭皮に与える刺激も強いわけですね。
ちなみに、アミノ酸シャンプーには以下のような成分が表示されているはずです。

・ラウロイルグルタミン酸Na
・ラウロイルメチルアラニンNa
・ラウロイルサルコシンNa
・ココイルグルタミン酸Na
・ココイルメチルアラニンNa
・ココイルサルコシンNa

 

注意してほしいのは、
「アミノ酸シャンプー」と「アミノ酸配合シャンプー」とを混同しないこと。

 

成分を確認すればわかりますが、
「アミノ酸配合シャンプー」は読んで字のごとく、
アミノ酸系の成分が少し配合されているだけです。

 

成分表示というのは、配合量が多いものから順に表示してありますので、
品質の良いアミノ酸シャンプーが欲しい場合は、
成分表示の初めのほうにアミノ酸系の成分が表示されているものが良いですね。

 

まあ、その分価格は高くなると思いますが。

 

今、評判のシャンプーは抜け毛とシャンプーのページでどうぞ。

 

シャンプー選び
話は360度変わって・・・・

 

さて、さて、今まではシャンプーを使う。
ということを前提にお話をしてきましたが、
今度は、全く逆のお話をしたいと思います。

 

シャンプーは使わない。

 

 

髪の毛の汚れはぬるま湯だけで、そのほとんど8割方が落ちる。

といわれていますが、面白い本がありますね。

 

「シャンプーをやめると、髪が増える」という本が話題のようです。

 

医師でもある宇津木龍一氏の著書です。

他にも何冊か本を出版していますね。

 

●本当に生えてきました。

●効果あり!

●抜け毛と痒みが減りました。

●目から鱗でした。

●以前、自己流でやってダメでしたが、
この本の通りにやったら、良くなりました!

などなど。

 

この本を読んで実際に試した方々のコメントが載っていますが、
評判はいいようです。

お金がかからない。

いや、いや、お金がかからない、どころか

逆に今までのシャンプー代が浮きますね。

 

興味のある方は、この本「シャンプーをやめると、髪が増える」をしっかり読んで、
正しい方法で試してみるのも良いかもしれません。

 

シャンプーをやめると、髪が増える

 

シャンプーをやめると、髪が増える
 

 

 

食生活も関係している

 

抜け毛と食生活

 

「髪の毛と食」
なんだか結びつくことのなさそうな組み合わせですが、
髪の毛も身体から生えているものです。

 

身体作りの基本の一つは食であることから考えれば
当然といえば当然の関係性がそこにあるということが見えてくるはずです。

 

食事の三大栄養素としてよく聞くタンパク質ですが、
よく良質なタンパク質を取るように心がけましょうといわれますが、
髪の毛のためにも同じことがいえます。

 

何故なら髪の毛の主成分はタンパク質だからです。

 

良質なタンパク質、よくないタンパク質とは一体何なのでしょう?

 

タンパク質が含まれる食品は
肉や魚、乳製品、卵、穀物などで、納豆などもそこに含まれます。

 

しかし、脂たっぷりの肉ばかり食べているのは
よくないタンパク質を過剰に摂取していることになってしまいます。

 

タンパク質を作り出すのはタンパク質の食事だけではありません、
亜鉛と言うミネラルやビタミンも必要となってきます。

 

これらをバランスよく摂取することによって
体内でよいタンパク質の健康な髪の毛が作られていくのです。

 

髪の毛によい食材として、
わかめなどの海藻類が取り上げられていたこともありますが、
栄養バランスとしてわかめなどの海藻類は
日ごろ足りなくなりがちなものなので、
そう考えれば効果もあると言えるかもしれませんが、

決して、海藻類を食べていればそれだけで髪の毛にいい。

というわけではありません。

 

別のページで詳しくご紹介しているので参考にしてみてください。

 

つまりは、健康にもよいとされている
バランスの取れた食生活をしっかり取るのが重要だ。

ということになりますね。

 

抜け毛には健康食