抜け毛とストレス
よく、抜け毛が増えるとストレスだ。と言われますが
実際にどうストレスが髪の毛に影響しているのか?
はよくわかっていない人も多いのではないでしょうか。

 

確かにストレス過多になると
髪の毛の健康を害することもありますが、
どうしてそうなるのかを見ていきましょう。

 

ストレス=抜け毛とするほどの説は
科学的にはまだはっきりと証明されてはいません。

 

ただ、ストレスがかかることによって
身体が受ける影響を一つ一つ見ていくと
髪の毛にも影響するものであるため
それらが複合作用となって抜け毛が促進されているのではないか。
とされています。

 

ストレスがかかると自律神経のバランスが乱れます。

 

よく名前を聞く自律神経ですが、
血行の流れから気持ちの上げ下げまで
生きていく上で必要な機能が
ここでバランスを取るようになっているため、
自律神経の乱れが様々な身体の部位に影響してきます。

 

髪の毛に関して言えば、
血行の流れが悪くなることで十分な血液が髪の毛に回らず
毛の成長が遅れたり、髪が細くなっていってしまいます。

 

また、自律神経の異常で内臓機能にも悪い影響が出るため、
栄養がしっかりと回ってこず
健康な髪の毛を作ることができなくなります。

 

他にもストレスがかかることで
皮脂が過剰に分泌されることで、毛穴に皮脂がたまり
毛の成長がとまってしまうことがあります。

 

これらのことから、
ストレスが抜け毛と大きく関係しているとされているのです。

 

ストレスのよる抜け毛はまず、そのストレスをなくしたり、
上手に解消する方法を探すことから始まります。

いくら頭皮のケアをやっても進歩がないという人は
ストレスが原因となっているかもしれません。

自分の生活を一度見直してみるのもいいかもしれませんよ。

 

生活習慣の見直し
 

 

 

抜け毛と睡眠時間

 

抜け毛と睡眠時間

 

 

睡眠と抜け毛にも関係性があります。

十分な睡眠をとると身体もすっきり頭もすっきり、
さらには気持ちもすっきりしますよね。

 

髪の毛にとってもこのすっきり!が重要なのです。

 

しかも、睡眠時間が足りなかったりよい睡眠が取れていないと
真っ先にカットされるのが髪の毛へ送る力だとされているのです。

 

睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯があることをご存知でしょうか。

 

子どもの発達段階でも重要とされていますが、
大人の健康を保つためにも大事な時間と言われているのが
夜22時から夜中の2時までの4時間なのです。

 

この時間に睡眠をとっていると
成長ホルモンが最も分泌される時間のため
疲れた身体も癒してくれます。

 

と以前は言われていましたが、

最近の研究では、成長ホルモンが最も分泌される時間というのは
個人差があるようです。

 

ですから、必ずしも、「夜22時から夜中の2時までの4時間」
というわけでもなさそうです。

 

髪の毛も毎日成長しています。

 

その成長のおかげで健康な髪が育ち、
寿命の時期がきて自然と抜け落ちていっても
また新しい髪の毛が生えるようになっているのです。

 

この成長には成長ホルモンが必要不可欠で
それが最も分泌される時間は髪の毛にとっても
重要な時間といえるのです。

 

しかも、睡眠によって身体は休んだり、
また新しい一日を過ごすために身体をリセットしたりと
様々なことを一度にやっています。

 

睡眠時間が短かったり、質の良い睡眠がとれていないと
生きていく上で最低限必要な部分へ先に全力が注がれてしまい、

結果、髪の毛へは後回しになり、髪の成長まで力が及ぶ前に
睡眠が終了してしまう。ということになります。

 

睡眠時間をしっかりと取ること。
そして、できるだけ良質な睡眠をとること。

 

こういったことに意識して睡眠がとれるようにすることも
立派な抜け毛対策といえるでしょう。

 

良質な睡眠