昔から言われていますよね。

髪の毛には海草類がいいって。

 

髪の毛とわかめ

 

わかめや昆布などの海草類を食べると
黒くて太いいい毛が生えてくる。って。

 

都市伝説?

 

確かに見た目には、
わかめや昆布などの海草類は黒っぽくて艶々としたイメージで
きれいな髪の毛を連想させてくれますが、
実際のところはどうなんでしょうかね?

 

海藻類は脂肪がほとんどなく、ミネラルが豊富なため
ダイエットの強い味方として女性はよく好んで食べる人も多いのですが、

一般的に男性で自ら進んで
海草類をせっせ、せっせと食べている人って、あまりいないですよね?

 

海藻類と髪
なのでイメージ的に、どうやら髪に海草がいいらしい、
という噂が広まっていった可能性もあります。

 

海藻類は確かに健康によい食材で、日本人が昔から食べてきた食品です。

味噌汁の出汁に昆布を使い、
わかめを具にしたものなんて海草類エキスのオンパレードですよね。

 

健康によい、という意味では巡り巡って髪の毛にもよいものである。
ということに間違いはないのですし、
育毛に良いとされる成分も入ってはいます。

ですが、どうやら海藻類を食べたからといって直接的に
黒くて太い毛が生えてくるわけではないようですね。

 

そうした健康的な食生活を送ることで、
身体の調子がよくなったり、血の巡りがよくなったり、
そうしたことの延長線上に髪の毛にもよいというだけで、

決してそれが海草類が単独の効果で髪の毛が増える。ということには
繋がるわけではないということがわかっています。

 

ですから、全くの嘘八百、デタラメ!というわけではないですが、
海藻類をたくさん食べたからといって、
毛がフサフサになる。というわけでもありません。

 

他の食べ物で髪の毛にとって良いものは何かないか?と探してみても

特別に髪の毛に特化して大きな影響のあるものはありません。

とにかくバランスの取れた食事をして健康的な生活を送ることが
良質な髪の毛を生む近道となる。ということのようですね。

 

バランスの取れた食事に海藻類はとてもよい効果を発揮します。

そうした意味では、海藻類を食べることも
よい髪の毛を生み出すことの一つとして考えていくのは
良いことかもしれません。

 

 

海草
 

 

 

 

育毛のための栄養素はなにがいい?

昆布

 

 

育毛のための栄養素に関しては、いろいろ言われていますよね。

 

亜鉛が不足してしまうと毛髪が生成しにくくなるので亜鉛を多く摂りましょう。

 

亜鉛の吸収をサポートして、効果を高めるためには、
栄養素がビタミンB群(B2・B6)などの緑黄色野菜やビタミンCも合わせて摂りましょう。

緑黄色野菜の中でも、
ほうれん草・かぼちゃ・小松菜・ブロッコリー・枝豆・とうもろこしなどがいいです。

 

とか、

別ページでも書いていますが、

牡蠣は亜鉛が豊富だから、カキがいいです。

 

そもそも、髪は主に「ケラチン」と呼ばれるタンパク質でできていますから、
タンパク質を摂りましょう。

肉類(鶏肉)・魚介類・卵・大豆製品・乳製品がタンパク質が豊富です。

 

とか、

ビタミンB群、ビタミンC以外では、
血行をよくすれば頭皮に栄養が行きわたるので
血液の流れを良くするためにビタミンA・Eも多く摂りましょう。

とか、とか、とか。

 

どれも正解なんです。

 

結局、なんでも食べなければ、だめなんじゃないか。

ということになりますね。

 

ですから、『バランスの取れた食事』ということに落ち着きます。

 

ただ一つ、言えることは、

インスタント食品やジャンクフードを頻繁に食べることは、
あまり良くないですね。

 

たまに食べる分には問題ないですが。

 

塩分や糖分、添加物などが
過剰に含まれているのは間違いのないことですからね。

 

本当なら、

育毛、発毛には、これとこれとこれをを食べれば最強です!

 

とか言いたいところですが・・・

 

ちっとも面白くないですが、

育毛に限らず、健康な身体が基本ですから、

 

結局、『バランスの取れた食事』が大事です。

 

健康