女性特有の抜け毛の悩みとして
最も多くの人が経験するのが産後の抜け毛です。

 

産後の抜け毛

 

 

ホルモンバランスの影響で
ほとんどの産後のママが経験する抜け毛、
自然とおさまるとは言われていますが
抜けている間は心配で仕方ない人も多いかもしれません。

 

これは、出産後一時的に抜け毛がみられる「分娩後脱毛症」で、
妊娠中に胎児が栄養を取るのが原因なので、
しばらくすると改善されます。

 

女性ホルモンのエストロゲンの分泌が多い妊娠期と比べ、
出産後にそのホルモンの分泌が減るために
毛の周期も休止期に入ることから起きる症状です。

 

産後、授乳中でもできるケアもありますが、
一時のこととして、あまり気にしないのが一番良いようです。

 

妊娠中からよく聞くホルモンバランスの変化。

この一言は、つわりで苦しいときも
動悸がすごくなってきたときや
無性にイライラしたり落ち込んだりと
気持ちが大きく変化するときなどにも言われていて
耳にタコ状態の産後のママも多いかもしれません。

 

抜け毛もご他聞に漏れずこのホルモンが影響しています。

妊娠中は実は抜け毛が減っています。

 

これもホルモンの影響なのですが、
妊娠している間は、
体毛がどんどん濃くなる経験をする人も多いのですが、
同時に実は抜け毛も減っているのです。

 

抜け毛って多いときにはすごく気になるのに
少ないときには気にもとめないので気付かれにくいのです。

 

その分といってはなんですが、産後に一気に抜けていきます。

 

産後お風呂に入るたびに排水溝を掃除しないとすぐに溜まってしまう、
という人も多いようですが
そのくらいに毛が抜けることはおかしいことではありません。

 

産後6ヶ月くらい、赤ちゃんの腰が座ってお座りできるようになるかな、
くらいでおさまります。

 

どうしても気になる人は
頭皮を洗うオーガニックのシャンプーを使ったり
産後の抜け毛対策用品も出ているのでそれを試してみるとよいでしょう。

 

なかなか自分にかまう時間のない産後のママも
パパが子どもを見てくれている間にお風呂に入って
ゆっくり頭皮ケア。

なんていう時間を作ってみるのもいいかもしれませんね。

 

お風呂で頭皮ケア
 

 

 

 

 

女性型脱毛症とは

 

 

女性の脱毛

 

男性の悩みとして取り上げられることの多い脱毛症や
いわゆるハゲや薄毛の症状は女性にも見られることがあります。

 

頭頂部や分け目の薄さが気になってきた、
という女性はこの「女性型脱毛症」と
呼ばれる症状が出ている可能性があります。

 

男性の脱毛症と同様に治療ができます。

 

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンのテストステロンが、
5αリダクターゼという変換酵素の働きで、
より強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変質し、
このホルモンがAGA(男性型脱毛症)を引き起こしています。

 

女性でも男性ホルモンを持っていますから、
加齢などにより、女性ホルモン(エストロゲン)の量が減ると、
相対的に男性ホルモンが過多になりますよね。

これが薄毛や抜け毛につながっていきます。
この状態が女性男性型脱毛症(FAGA)です。

 

ですので、薄くなってきちゃった、年だからな、
と諦めずに治療をして改善していく。という選択肢もありますよね。

 

元々は30代後半から症状が出始めるとされ
特に更年期以降の女性に多く見られていた症状ですが
最近では若い女性でも症状を訴える人が増えてきており、
その原因の一端に過度なダイエットがあるとされています。

 

女性型脱毛症というと、
「びまん性脱毛症」という名称の脱毛症が一般的ですが、
実は他にも男性型に近い脱毛症など数種類に分けられます。

男性型に近い脱毛症(AGA) = FAGA(女性男性型脱毛症)以外は、

●円形脱毛症
●牽引(けんいん)性脱毛症
●分娩後脱毛症
●粃糠(ひこう)性脱毛症
●脂漏(しろう)性脱毛症

とか色々と言われていますが、
女性の脱毛の場合、男性型脱毛症と違って原因が明確ではありませんし、
まだまだ、よくわかっていないことが多いようです。

 

男性型の脱毛症に見られる特徴として
血中にあるDHTという成分の上昇が見られるのですが、
女性型の場合はその上昇が見られないのが特徴です。

ですので、男性と女性では、症状が違います。

 

男性の場合は、主にDHTが多く存在する
頭頂部や髪の生え際が局所的に薄くなるのが特徴です。

そして、それを放っておくとどんどんと進行して
やがて髪が完璧に抜けて、つるっぱげ状態になります。

 

女性の場合は、すべて禿げあがるのではなく、
髪が細く弱り、全体的に薄くなる。といった特徴があります。

 

こういったことが解明される以前から、

世の中には、つるっぱげオヤジはたくさんいて
ウロウロしていましたが、

つるっぱげおばさんはほとんど見ませんでしたよね。
(もし、いたとしてもカツラを被っていたかな。)

 

何を言いたいかと申しますと、
男性と女性では薄毛の症状の出かたが違う、ということです。
治療法は薬物療法が中心で外科的な治療法もありますが、
基本的には薬物療法が効かなかった場合に
植毛などの外科的治療を行うというパターンになります。

 

女性の脱毛症の場合、
経口ピルや過度のダイエット、潔癖症からくる
髪の洗いすぎなどから引き起こされている場合もあり、
それらの原因を同時に取り除くことも必要です。

 

男性でもなかなか認めたがらずに、
ハゲ、薄毛治療等に通うのはためらう方も多いようですが、

女性ならなおさらですよね。

 

なるべくならわからないように隠したくなる症状ですが、
これも大事な身体からの訴えの一つと思って、

専門の医療機関などで相談してみると
解決方法が見つかる可能性は十分にあるはずです。

 

非常に気にしている方は、女性専門の薄毛治療クリニック
というのも選択肢の一つとして考えてみても良いかもしれません。

 

一昔前ほど、閉鎖的ではないですし、暗い印象もないですしね。

まずは、相談ですね。

 

 

薄毛のカウンセリング