抜け毛について詳しく調べる前に、
そもそもの髪の毛の構造について知っておくことも必要です。

 

抜け毛は頭皮が関係してくることも多いので
髪の毛自体の構造だけでは抜け毛についての情報としては不十分です。

 

きれいで強い髪を作っていくためには
髪の毛についてもっと詳しくなっておくことも必要ですよね。

興味のある方は、読んでみてください。

 

髪の毛の構造

そもそも1本の髪の毛は、3つの層からできています。

外側から「毛小皮」「毛皮質」「毛髄質」で構成されています。

 

●一番外側をキューティクル(毛小皮・毛表皮)
●中間部をコルテックス(毛皮質)
●中心部をメデュラ(毛髄質)

 

毛小皮とはいくつかの成分をまとめて表現しているのですが、
よく耳にするキューティクルというのがこの毛小皮に当たります。

 

ですので、髪の毛の健康状態を知るには
このキューティクルをチェックすることになります。

 

そして、毛皮質というものがあるのですが、
この毛皮質が髪の毛の成分の中で一番領域を広く持っている部分になります。

 

キューティクル=毛小皮・毛表皮は、一枚一枚が小さい鱗のようなもので、
いくつもの毛小皮が少しずつ重なっていくことで髪の毛が出来上がっています。

 

その毛小皮の間をのりのように埋める役割を持っているのが毛皮質なんです。

 

さらに真ん中にある
『毛髄質=メデュラ』の周囲を取り囲んでいるのも毛皮質です。

この毛皮質が、水や薬剤が毛髄質まで届かないようにブロックしてます。

 

パーマをかけるときに液体をジャブジャブかけますが
その薬剤は毛皮質を一時的に緩める役割をしています。

緩んでいる間に毛を巻いてくせをつけることでパーマが完成するんですね。

 

これらの髪の構造は主にケラチンタンパク質という成分でできています。

このケラチンタンパク質は硬いものと軟らかいものがあり、
硬いものが毛に、軟らかいものは皮膚として構成されています。

 

つまり髪の毛は、皮膚と同じ成分からできているということなんです。

ただし皮膚よりも硬く強いため
本来は皮膚よりも毛のほうが強い存在ということになるんですね。

 

髪の毛

 

 

 

発毛促進には血行をよくする

 

発毛促進をする一つの方法として
頭皮の血行を良くして、新陳代謝を促す。ということがあります。

 

髪の毛には、地肌からでている黒い部分の「毛幹」と、
地肌の中にある「毛根」と「毛球」とがあります。

 

一般的に私たちが髪の毛と呼んでいる部分は毛幹で、
これはすでに死んでいる細胞なんですね。

 

ですから、髪の毛を切っても痛くありませんよね。

痛かったら大変ですよ。

美容院や特に理容院で髪をカット。なんてしたら命がけになってしまいます。

 

毛幹そのものには、新しい髪を作り出す機能はありません。

髪の毛となって成長する部分は、地肌の中に埋まっている
毛根の部分にある「毛母細胞」が分裂することで発毛が起きるんですね。

 

髪の毛の役割として、頭皮を衝撃から守り、有害物質を排出する。
などの大事な役を担っているのですが、
その大役が終了すると自然に抜けていってしまいます。

 

その自然に抜けていく脱毛と同時に新しい髪が生えれば、
常に同じ本数を維持する。ということになりますよね。

 

これが正常な形で、ヘアサイクルですよね。

 

この時に毛母細胞の分裂を促してくれるのが
毛細血管から血液を通じて運ばれてくる「栄養」や「酸素」というわけです。

 

ですので、発毛を促進させるためには、
先ずは、この血行をよくする。
ということを意識して対策していくことも必要ですよね。

 

毛母細胞は、大人のカラダの中でも活動が活発な細胞ですので、
大量の栄養や酸素が必要になってきます。

 

頭皮の毛細血管を介して栄養素などが運ばれてくるので、
マッサージなどによって頭皮や首を揉んで刺激を与える。
というのも良いでしょう。

ストレッチ
また、血管を広げて血行を促進するためには、
サウナやストレッチを利用する。というのも
発毛の促進には効果的かもしれませんね。

 

サウナ